仕事がない40代の女性が急増!そんな女性に向けた安心な求人

仕事がない40代の女性が急増!そんな女性に向けた安心な求人

仕事がなくて困ってる女性へ、安心・安全な求人、職探しを

仕事がない40代の女性が急増中!

年齢のせいか、アルバイトが決まらない...

 

毎回断られ、自信をなくしている

 

このような悩みを抱えている主婦の方はたくさんいらっしゃいます。

 

今回は、主婦がアルバイト探しに苦戦する理由についてご紹介したいと思います。

 

主婦がアルバイト探しに苦労する理由。
面接や書類選考で効果的にアピールする方法
主婦がブランク期間を乗り越えるには?

 

という3つの視点から、40代・50代主婦のアルバイト事情についてご紹介します!

 

40代・50代の主婦がアルバイト探しに苦労する理由
いざ、アルバイトをしよう!」と思っても 40代・50代の主婦がアルバイトをしようと思っても、なかなか仕事が決まらないというケースは少なくありません。

 

40代、50代の主婦がなかなか仕事を見つけられない理由は何なのでしょうか?

 

実は、年齢や資格不足が原因ばかりではありません。

 

実は、年齢や資格不足が原因ばかりではなく、長期間仕事に就いていないことが原因の場合がほとんどです。

 

 

 

ブランク期間が長いと、採用されにくい。
採用活動は、欠員を補充する必要がある場合に行われ、即戦力として期待できる人材が優先的に採用される。

 

どうしても長いブランクがあると仕事で使う道具が大きく変わり、仕事を覚えるのに時間がかかるため、採用上の懸念と取られやすいのです。

 

この理由は、求職者の立場からすると、やむを得ないとも言えます。

 

離職期間が長い場合は、未経験者歓迎の仕事を探し、学ぶ意欲と仕事に対する真摯な姿勢をアピールすることで、次のステップに進みやすくなります。

 

また、復職前に仕事に慣れるための方法として、短期・単発の仕事から始めてみるのもおすすめです。

 

そうすることで、働くことの感覚を取り戻すことができますし、週に何日、何時間なら仕事と家庭の両立ができるかを確認する機会にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスマナーについて悩むことになります。
ブランク期間以上に問題になるのが、「ビジネスマナーがなっていない」場合です。

 

社会人としてのマナーがなっていないと、雇用主は「トラブルを起こすのでは」と心配になります。ビジネスマナーが悪いと、雇用主は「トラブルを起こさないか」と心配になります。

 

ビジネスマナーはすぐに改善できますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

雇用主から、しっかり働こうという意志や熱意が伝わってこない。
この会社で働きたい」という意志や熱意が面接官に伝わらない人も少なくありません。

 

例えば、時給が高く、自分の能力を正当に評価してくれる仕事を見つけたとします。その仕事の面接では、「自分の仕事が評価される環境で、自分の能力を十分に発揮したい」と伝えればよいのです。

 

しかし、「時給が良いから働きたい」と答えると、働く意思が正しく伝わらない可能性が高くなります。

 

もちろん誠実であることは大切ですが、思ったことを何でも正直に言ってしまうのは、面接ではマイナスに働くことがあります。

 

自分が思っていることをそのまま言うのではなく、相手の立場に立って「なぜここで働きたいのか」を正しく伝えられるような話し方を心がけましょう。

 

体力に不安があるのかもしれません。
40代・50代のアルバイト探しでネックになるのが、体力を心配されることです。20代・30代に比べ、40代・50代は体力が衰える年代というイメージがあり、体力に自信があっても不安を持たれることがあります。特に、体を酷使するような仕事では、その傾向が強くなります。

 

40代、50代でも若い人と同じように体力があり、バリバリ仕事ができる人はたくさんいます。運動や食事など、健康に気を配っていることをアピールし、体力に不安がないことをアピールすることが必要でしょう。

 

 

 

仕事から長く離れていた主婦が転職面接でやりがちなこと
自分の希望ばかりを表現する
自分の希望を伝えることは間違いではありませんし、それを明確にすることは大切です。しかし、ある程度は相手の希望も受け入れることも大切です。

 

残業の可否や休日出勤の可否を聞かれたときに、「したくない」と伝えるのはよくありません。残業や休日出勤ができるかどうか聞かれた場合、会社側はできればそれを受け入れてくれる人が欲しいはずです。どうしてもできない理由がある場合は仕方がありませんが、少し妥協してお互いに納得できる余地を残しておくことをおすすめします。

 

 

 

柔軟な対応ができない
自分の考えを持つことは良いことですが、時にはケースバイケースで柔軟性を発揮することも必要です。希望の勤務時間を変更することはできないかもしれませんが、場合によっては柔軟に対応できることもアピールしておきましょう。

 

また、40代、50代の人を雇いたいと考えている人の立場になって考えることも大切です。採用する側は、子育てと仕事を終えた40代・50代の人に、労働時間の柔軟性を期待しているのかもしれません。相手の都合を考えて柔軟に対応すれば、より良い印象を与えることができるでしょう。

 

 

 

ネガティブな受け答え
面接で否定的な返答をすると、何のメリットもないばかりか、やる気を疑われてしまうこともあります。後ろ向きな態度の人と一緒に働きたいと思う人は少ないでしょう。ネガティブな発言をしそうになったら、どうにかしてポジティブな発言に変換できないか考えてみましょう。

 

例えば、「やりたくない」という表現を「むしろやりたい」と変換するだけでも印象は変わります。できない」の後に「代わりにできます」と付け加えれば、やる気がある印象を与えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ面接に合格しないのか?面接に落ちる理由と対策
就職活動で避けては通れないのが面接です。

 

アルバイトの場合は1回の面接で合否が決まることが多いですが、人気職種は1次面接だけでなく、2次面接、3次面接まで行われます。

 

中には、面接が苦手な人もいます。

 

面接で成功するためには、面接の各段階で採用側がどのような人材を求めているのかを知ることが大切です。

 

一次面接

 

面接官 ... 総務部、人事部
主に見られていること...ビジネスマナー、話し方など

 

一次面接では、その人の第一印象、言葉遣い、身だしなみ、そして社会人としての最低限のマナーや素養を見ます。

 

明るく、丁寧で、誠実なコミュニケーションを心がけましょう。

 

このステップでは、電話面接を行う場合もあります。

 

対面での面接の場合は、面接にふさわしい清潔感のある服装で。

 

 

 

二次面接

 

面接官...担当部署の人。担当部署の人。
主に見られていること...履歴書と職務経歴書の整合性、経験、スキル。

 

実際に働く部署で活かせるスキルや適性を面接官は見ています。

 

一次面接しかない場合は、一次と二次を合わせて行うことが多いです。

 

自分のスキルが応募した職種とどうマッチしているか、どう活かせるかをアピールするようにしましょう。

 

 

 

3次面接

 

面接官 ... 常務取締役
主に見られていること...会社に対する基本的な姿勢

 

多くの場合、3次面接は最終面接になります。

 

最終面接では、前向きな姿勢で長く勤められるか、社風にマッチしているかなどを判断します。役員クラスが上がってくることが多いようです。

 

アルバイトの場合、よほど人気のある仕事か、秘書や人事など幹部と関わる仕事でない限り、この面接が行われることは稀です。

 

ただし、最終的に社員になることを希望している場合や、紹介予定派遣の場合は実施されることがあります。

 

面接を受ける前に、その会社のホームページで、どんな事業を行っているのか、基本的な情報を確認しておくとよいでしょう。

 

理由は、"事前準備不足"。
面接の事前準備不足は、面接時に大きなデメリットになります。質問されたことに対して、その場でしっかりとした回答をすることは意外と難しいものです。とはいえ、事前に想定できる簡単な質問に対して、どのように答えればいいのか、明確になっていない人も多いのではないでしょうか。

 

志望動機すら答えられないようでは、全くやる気がないと見られて当然です。また、接客業の面接で、服装や身だしなみが適当だと、それだけで大きなマイナスイメージになります。

 

一番の対策は「質問に対する答えを用意すること」です。
すべての質問に対する答えを用意することは不可能ですが、面接の質問はパターン化されていることが多いので、答えを用意しておくことは非常に効果的です。なぜここで働きたいのか」「何のために働くのか」といった質問に対する答えをあらかじめ用意しておくことが大切です。

 

その他、勤務可能な日数や残業の有無など、労働時間に関するよくある質問に対しても、明確な回答をまとめておくことが大切です。

 

また、ネガティブな回答になりそうな場合は、どのように言い換えれば好印象を与えられるかをあらかじめ想定しておくとよいでしょう。

 

 

 

このように、"この面接では何が焦点になるのか?"と自問自答してみるのです。ということを事前に把握しておくことで、面接で何を重視されるのかがわかり、面接対策にもなります。

 

今回は概要を紹介しましたが、詳しくは下記の記事で紹介しています。

 

 

1次、2次、最終選考の一部だからと侮るなかれ! ...
面接は就活の絶対的な登竜門です。正社員だけでなく、アルバイトやパート、人気職種では複数回面接を受けることも!?アルバイトなのに二次面接...

 

 

ブランクを効果的にアピールする方法
母親が職場復帰する際、職場から離れていた期間(ブランク期間)が気になることがあります。

 

ブランク期間があると採用されないのではと不安になる人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、ブランク期間(空白期間)がある主婦がアルバイトをするために、面接や書類選考でどのようにアピールすればよいかを紹介します。

 

 

 

面接や書類選考で効果的な2つのアピール方法
◆家庭でどのように考え、工夫し、頑張ってきたかをアピールしましょう。

 

この方法、意外と主婦の方でも利用されている方が多いのでは!?意外かもしれませんが、多くの主婦がこの方法を使っています!

 

家庭は職場と同じく、大切なコミュニティです。

 

いかに自分の役割を果たし、家族のために努力するかがアピールポイントになります。

 

自分の役割を理解し、努力している人だと判断されることも珍しくありません。

 

 

 

面接では、自分のアピールポイントをしっかり伝えること! ◆面接では、自分のアピールポイントをしっかり伝えること! ◆面接では、自分のアピールポイントをしっかり伝えること! ◆面接では、自分のアピールポイントをしっかり伝えること。

 

例えば、"残業はできますか?"と聞かれたとき。と聞かれて、"絶対に無理です "と言ってしまうと、チャンスを逃してしまう可能性があります。

 

事前に言っていただければ調整します」「曜日によっては難しいですが、他の曜日なら30分程度なら働けます」など。

 

譲歩する姿勢や、できることを提示する姿勢を見せることで、好印象を得やすくなります。

 

 

 

ブランクのある期間はどうしましたか?体験談の紹介
子どもの急病、周囲とのコミュニケーション、仕事への不安、......等々。ブランクのある主婦にとって、社会復帰は不安が尽きない時期です。

 

特に、3年以上仕事から遠ざかっている主婦からは、不安の声があがっています。

 

そんなとき、参考になるのが、実際に長いブランクを経て復職した先輩パート主婦の体験談です。

 

彼女たちはどのような対策をとったのでしょうか。

 

(1)信用を得るために資格を取得しました。
ブランク期間の過ごし方を質問することで、仕事への熱意を測る意図もあるようです。仕事そのものはしていなかったが、それ以外にも仕事に活かせる活動をしていたことをアピールしたい。

 

子どもがまだ小さかったため、8年間の空白期間があったある主婦は、その間にいくつもの資格を取得したそうです。将来、子育てをしながら仕事に復帰するために、通信教育で資格を取得したそうです。ブランク期間中に取得した資格が職場で役立つことをアピールし、見事採用されました。

 

(2)働きながら介護にも気を配っていた。
ブランク期間中に、自分に足りないものを見つめ直し、改善を図ったという人もいます。子どもが生まれるまで接客業をしていたある女性の例を見てみましょう。

 

ブランクが空く前は、特に何も考えずに日々の仕事をこなしていたそうです。しかし、数年のブランクの間に、多くの人と接する中で、思いやりや礼儀の大切さを意識するようになったそうです。マナー教室やボランティアに参加し、思いやりのある態度で人と関わり、仕事をするように努めた。この経験が面接で評価され、現在は再び接客業に就いている。

 

最近は、子どもが大きくなってから働き始める母親も増えており、企業側もそれを理解していることが多いようです。

 

必要以上にブランクを気にせず、「これから頑張ります」という姿勢を見せることが大切です。

 

その中で、自分のアピールポイントをどんどん見つけてみてください。また、以下のようにまとめています。

 

 

ママの仕事復帰の方法、ブランクの乗り越え方、おすすめ...
仕事を再開したいけど、ブランクが長すぎて心配。そんな悩みを抱えているママは多いはず。また仕事を始めたいけど、ブランクが長くて不安...。

 

 

 

 

ブランクを解消するための2つのポイント!
どんなに良い職場でも、どんなにやりたい仕事でも、嫌な面は必ずあるものです。

 

ブランクが長ければ長いほど、社会人としてのルールを忘れがちになります。

 

また、アルバイトをする目的が明確でないと、「あれもこれも」と要求しがちです。

 

次の2点を意識してみましょう。

 

 

 

1.会社にブランクがあることを感じさせないようにしよう
実際、長い間仕事から離れていたわけですから、働き始めてすぐに仕事を理解してこなせなかったり、周囲のペースについていけなかったりするのは仕方のないことです。

 

しかし、甘えは禁物です。

 

少しでも早く仕事を覚えるために、どのような工夫や努力ができるかを考えてみましょう。

 

また、相手の年齢に関係なく、職場の上司や先輩の注意や提案には素直に耳を傾ける姿勢を持ちましょう。

 

採用担当者が抱く、長い離職期間に対する不安を解消するためにアピールすることが大切です。

 

 

 

働く目的を明確にする
働く目的を明確にしましょう。

 

例えば、「空いた時間を有効活用したい」「子どもの中学受験までに月収20万を稼ぎたい」など、仕事に求める条件や働き方は変わってくるでしょう。

 

一方、目的が明確であれば、自分が何を重視したいのか、何を切り離せばいいのかが明確になります。

 

自分の都合のいいことだけ伝えれば、仕事を断られることも少なくなりますし、働き始めてからのストレスも少なくなります。

 

さらに、目標を達成したときの充実感も味わえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

主婦が実際に働いているアルバイトに応募してみよう
では、長く仕事を離れていた主婦がアルバイトを探すには、どのような方法があるのでしょうか。

 

<主婦歓迎>や<主婦活躍中>と書かれた求人に応募するのも一つの方法です。

 

求人サイトを見ていると、「主婦活躍中」という求人が意外と多いことに気がつきます。

 

理由は主に3つあります。1.

 

1.人手の確保が難しい平日の昼間に労働者を確保するため
平日の昼間は、学生アルバイトがシフトに入ることが難しく、飲食店やコンビニエンスストアなどでは主婦アルバイトが重宝されます。

 

また、ランチタイムなどの忙しい時間帯は、敬語やマナーを教える時間がないため、社会人として基本的な敬語やマナーを身に付けている主婦バイトの方が、学生バイトよりも活躍できる可能性が高いです。

 

 

 

2.育児経験や主婦のスキルに期待!?日常生活の知識を活かしてほしい。
パン屋さん、お弁当の製造、受付、接客・販売、コールセンターなど、日々の家事で培ったスキルを活かせるお仕事がたくさん!

 

特に女性ならではの高いコミュニケーション能力を活かせる仕事は、需要が高いようです。

 

 

 

3.クライアントが主婦や子供である仕事
子育て支援、学童保育、ハウスクリーニング、家事、介護など、クライアントが主婦や子どもである職場では、主婦や母親がとても重宝されます。

 

同じ目線でコミュニケーションが取れるので、安心感があるのでしょう。

 

上記のような需要のある職場は、主婦を積極的に採用しているところが多いようです。

 

また、主婦の得意分野や経験を活かせるアルバイトもありますので、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

 

以下にその一部をまとめてみましたので、よろしければご覧ください。

 

 

パートで社会復帰する際におすすめの仕事は?
ずっと専業主婦だったけど、また仕事を始めたい......」。"出産・育児真っ最中だけど、パートを始めたい! パートタイムで社会復帰したい...という主婦の方はたくさんいらっしゃいます。

 

 

具体的な例をご紹介します。40代・50代の主婦におすすめのパート・アルバイト5選
具体的な例をご紹介します。40代・50代におすすめのアルバイト5選

 

40代・50代でアルバイトを始める場合、体力や最新トレンドの理解度など、20代・30代に比べると自信が持てない面もあるかもしれません。

 

しかし、長年の家事や育児、仕事、様々な人との豊富なコミュニケーション経験など、40代・50代ならではの武器がたくさんあるはずです。

 

ここでは、数々の人生経験を積んだ40代・50代の方におすすめのパーツを5つご紹介します。自分の強みを活かせる仕事を探す際の参考にしてみてください。

 

 

 

セレモニースタッフ
セレモニースタッフは、葬儀社で通夜や葬儀が円滑に進むようにサポートする仕事です。

 

会場の準備や参列者の案内が主な仕事です。会社によっては、ご遺族の着替えや僧侶との打ち合わせをサポートすることもあります。

 

仕事の性質上、急なスケジュール変更があることも多いので、時間の変更に柔軟に対応できる方がおすすめです。

 

また、一般的な常識や身だしなみ、話し方のマナーが求められる仕事なので、40代~50代の落ち着いた雰囲気の女性が好まれそうです。

 

 

 

家事代行サービス
多くの主婦に人気のある仕事のひとつが、家事代行サービスです。その名の通り、依頼主の自宅で家事全般を代行する仕事です。

 

自分の家で長くコツコツと家事をしてきた人にはピッタリの仕事です。企業によっては研修制度が充実しており、家事のスキルをさらに磨くことができます。

 

また、フレックスタイム制を導入しているため、忙しい主婦の方でも働きやすい環境です。

 

高齢化や共働き世帯の増加により、今後需要の拡大が見込まれる仕事です。求人数も多いため、未経験者でも採用されるのは難しくないでしょう。

 

 

 

カスタマーサポート
カスタマーサポートは、顧客サービスや顧客窓口と呼ばれることもあります。企業の製品やサービスに関する問い合わせに、電話やメールで対応するのが主な仕事です。

 

クレーム対応なども行うため、職場ではコミュニケーション能力やトラブル対応力などが求められます。

 

この仕事のメリットは、話し方や電話応対など、他の事務職にも活かせるスキルを磨けることです。

 

また、服装や勤務時間などの自由度が比較的高く、高時給で働けることが多いのもメリットです。

 

 

 

育児補助
保育補助は、子どもが好きで保育士として働きたい人におすすめです。主な仕事は、保育士の仕事をサポートすることです。

 

保育補助の一般的な仕事は、園内の掃除や食事の準備などですが、保育士の様々な仕事を手伝ってもらうこともあります。

 

特別な資格がなくても働けるのが魅力ですが、保育補助の仕事をしながら、保育士の資格を取るために勉強する人もいます。

 

基本無料の15~30時間の講習を受けることで取得できる「保育補助」の資格を取得すれば、採用される可能性はぐっと高まります。

 

 

 

受付
企業や各種学校、医療機関、介護施設、イベントなど、あらゆる場所で必要とされるのが受付です。受付の仕事は、接客や電話応対が主な仕事です。

 

短時間勤務やシフト制の職場が多く、自分のライフスタイルに合わせて柔軟に働けるのが大きな魅力です。

 

受付は、マナーや一般常識があり、人と接することが好きな人に向いている仕事です。接客や電話応対など、受付嬢として身につけたスキルは、他の仕事でも大いに生かすことができます。

 

多くの場所で必要とされる仕事であるため、未経験OKの求人も多くあります。また、簡単なパソコン操作ができることをアピールすれば、採用される可能性が高くなります。

 

 

 

応募する前に! 簡単な手順で採用確率を上げる方法
早めに応募しないと締め切られる! (今すぐ応募!」をクリックする前に) 応募を始める前に、ぜひ試してほしいステップがあります。

 

それは、「応募フォームへの入力」です。

 

氏名や連絡先などの必須項目はもちろんですが、任意項目もしっかりと記入しましょう。

 

多くの応募フォームには任意項目があるため、急いでいる人、急いでいる人は記入せずに応募してしまいがちです。

 

採用担当者や面接官は、毎日たくさんの応募書類を受け取っており、志望動機やアピールポイント、職務経歴の欄を見て、どんな人が応募してきたのかを知ることができます。

 

応募フォームの備考欄に自分のアピールポイントを記載することで、他の応募者との差別化を図ることができます。

 

自己PRや職歴はできるだけ多く入力し、他の応募者よりも印象に残るようにしましょう。

 

求人サイトによっては、サイト自体にプロフィールを登録することで、応募時に自己PRを自動で転記できる便利な機能があります。

 

マイページ」の項目を充実させておけば、応募したい仕事を見つけるたびに応募フォームのすべての項目を入力する必要がなく、気に入った仕事にすぐに応募することができるようになります。

 

少し手間はかかりますが...効果は絶大です。ぜひ試してみてください。

 

 

 

アルバイトへの道! 応募後の流れ
さて、求人に応募したはいいけれど、その後どうすればいいの?と疑問に思うかもしれませんね。

 

履歴書の作成、電話応対、面接など、就職決定までの道のりには、さまざまなリサーチが必要です。以下に連載記事をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。準備しておけば、安心です。

 

そろそろ仕事を再開しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。主婦が再就職を考えるとき、多くの人が「履歴書」を書くことを求められます。パート・アルバイトでも履歴書の提出を求められることがほとんどです。

 

まとめ
40代・50代の主婦がアルバイトを見つけにくい理由と、その対策、おすすめのアルバイトを解説しました。

 

なかなか仕事が決まらないとき、ブランクや年齢を否定されて不安になることもあるかもしれません。

 

しかし、ブランクや積み重ねてきた年月は、あなたにとって様々な経験を積んできた大切な期間だったはずです。

 

たとえ面接に受からないことが多くても、不採用の経験は、次により良い条件の仕事に就くためのステップだと考えてみてはいかがでしょうか。